家族サポートの会・福山

saportkai.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 05月 ( 4 )   > この月の画像一覧

~6月~

家族サポートの会・神辺 神辺公民館
・4日(金) 19:30~21:00
・19日(土) 10:30~12:00

家族サポートの会・駅家 近田公民館
・5日(土) 19:30~21:00
・17日(木) 10:30~12:00

家族サポートの会・瀬戸 ~ほっとるーむ~ 瀬戸コミュニティセンター 
・9日(水) 10:30~12:00
・26日(土) 10:30~12:00

家族サポートの会・春日
・11日(金) 10:30~12:00
・25日(金) 19:30~21:00

家族サポートの会・御幸 御幸公民館
・12日(土) 10:30~12:00
・23日(水) 10:30~12:00
[PR]
by kazokusaport | 2010-05-29 17:58 | 予定表

傷つきたくない私

こんにちは。
スタッフのえび子です。

うちの三男が、クラスでのトラブルをきっかけに学校へ行くのをやめてから、はや3ヶ月がたとうとしています。
毎日毎日、学校で嫌なことがありながらも頑張って行っていました。

しかし、学年末の2月に「このままじゃ俺ダメになっちゃう・・・・もう嫌だ」とつぶやき、学校へ行かなくなりました。
この言葉を口に出すのに、どれだけ勇気がいったことでしょう。

きっと「嫌だけど、頑張らなくちゃだめな人間なんだ」「こんなだめな俺じゃ学校にも家の中にも居場所は無いんだ」と、学校で嫌なことがあっても、親から「学校へ行くのは当たり前」「フリーターやニートなんて人間のくずだ」と兄ちゃんたちが言われて育っているのを見ていたから、潰れちゃうギリギリまで我慢しちゃったんだろうな・・・親から背負わされた罪悪感を感じながら。

しまいには「何で生まれてきちゃったんだろう・・・いないほうがいいんじゃないか」と台所の隅で耳をふさぎ泣いている。

こんなに小さな子に、ここまでの罪悪感を背負わせてしまった、私と主人が作り出した家庭環境。

次男が小学校低学年の頃に、俗に言う「問題児」となり「ADHDじゃない?発達障害じゃない?」と各方面から忠告され敬遠され罵倒され・・・・・それはそれは大変な時期がありましたが、今、彼は自分の好きな道を自分で選択し、元気に楽しく歩んでいっています。

だから、我が家の家庭環境は改善していると思っちゃってた。
でも、三男君の問題がおき、改めて環境は改善していないんだと強く強く感じました。

自分が傷つきたくないから、主人との深い深い対話を避けてきてた。
私は、とっても傷つきやすいんです。
私は、親から信じてもらったこともないし、いい子いい子された記憶も無い。
いつもいつも親の機嫌を伺いながら、子ども時代・・・いや、大人になっても結婚してからも「親の支配」に気を使い、自分が傷つかないように、評価が下がらないように振舞っていた。

そんな私じゃ、自分を防衛するのに一生懸命で子どもなんて守れないよねってか、その前に子どもに気が向いてないし・・・・037.gif

そんな自分に気がついたのが7年も前。
自分なりに努力し注意し、私の「自律」という目標に向かって進んできたつもり・・・・
よくやってきた!と自分を褒めたいくらい頑張ってきた。
 
が、しかし「傷つくの嫌!!」って言う自分が、ひょっこり顔を出すことがあるんです。

今回の三男君の不登校をきっかけに、我が家の根っこを掘り返す作業をしていますが、そんな中、今度は長男君が「学校に行くの面倒くさい」!!!!!!なっっっなんだって~~~~!!!!!

ってか、そうじゃないかなぁ~長男君も学校に行かなくなっちゃうんじゃないかなぁ~と、うすうすは感じていましたが「小学校の頃から思っていた」「そんなこと思う自分が許せなくて情けなくて・・・」と話す長男君を見ながら、「やっと弱音を吐けたんだなぁ」「三男君と同じく今まで、親に背負わされた罪悪感と戦っていたんだなぁ」と抱きしめてやりたいくらい愛おしく感じちゃいました。

で、今日の「傷つくのが嫌!!」って言う自分が出た瞬間なんですが、長男君の「学校休む」発言を聞いたにも関わらず「学校に電話するのが嫌だなぁ~。また~?って思われちゃうんだろうなぁ」って思って電話するのを忘れたふりをして、後で担任から電話がかかってきた時、とっさに「私、早出だったんで~」って嘘をついた時026.gif

ああ・・・・・子どもを盾にして自分を守っちゃった015.gif
まあ、そんな自分に気がつける自分も随分と成長したなと都合のいいように言い訳しとくことにします003.gif

「そんなこと書いて大丈夫??」とご心配なあなたへ。
長男君には全部話して了解済みなので、ご安心を!

ほんと、いろんなことが話せるようになったよな。
私も子どもも父ちゃんも、み~~んな「自律」して楽しい人生が送れるといいな~053.gif

子どもが不登校にもかかわらず、ちょ~楽天的な投稿ですみません010.gif
[PR]
by kazokusaport | 2010-05-26 17:39 | つぶやき

辛いお知らせです。

初夏も近づこうというのに、連日冷たい風が吹いて肌寒い日が続いています。
そんな天候に連動するかのような辛い知らせが、昨日届きました。

キーワードモデル事業の結果がやっと届き、残念ながら、今回は採択されませんでした。002.gif

さすがに昨日はショックが隠せず、「何がいけなかったんだろう?どうしてなんだろう?」
と、考えられる理由を色々思い浮かべては、ため息ばかりついていました。
助成金がもらえないとなると、考え直さなくてはならない事も多く、計画をいちから見直さなくてはなりません。
そして、“不合格”という事は、行政から×をつきつけられたような感覚を覚え、そのことが何より辛く思えました。

知らせを受け取った直後に、何人かのスタッフと話しましたが、「原点に返るだけだね。私たちらしくゆっくり進んで行こう!」と前向きに話すこともできました。

でも、ひとりで昨夜色々考えていると、様々な反省やら、口惜しい思いやらが出てきて、スタッフや応援して下さった方々の顔が浮かび申し訳ない気持ちにもなりました。


でも、ぐっすりと眠って一夜明け、仕事へ出かける車の中から、『コウモリマーク』の車を目にしたとたん、何だか知りませんが、妙にフツフツと怒りが込み上げてきて、危うく、石を投げそうになりました。017.gif
(大人なので、投げませんでしたが・・・。)

そのとたん、「反省するのはもうやめよう!!」
という心の声が聞こえてきて、
「私たちは、よく頑張ったぞ!!(誰かは知らんが、)アンタの方がまちがっとる!!!」
と、一瞬にして高飛車な勘違い小市民に変身しました。

今日は一日中、『コウモリマーク』や、『○○市』という看板を見る度に、天敵に噛み付かんばかりのオオカミのような気分になっていましたが、今は震える子犬並に落ち着きました。

書きたいことは、(どこかへ向かって言いたい事は、)まだまだありますが、今後のこともあるし、大人なので(しつこい・・・)闇に葬ります。
(いつか、別のとこで、形を変えて書いてるかも・・・ムヒヒ。)

個人的な思いを書き連ねてしまいました。ごめんなさい。

ともかく、会の存在は今まで通りで、今後共活動を続けていく事に変わりはありません。
私たちのスタンスも変わらず、これからも、「お母さんの駆け込み寺」としての役割を、粛々と果たしていきたいと思っています。

今年度の活動計画については、これから、スタッフ全員で話し合って決めていくつもりです。
また、引き続き、皆様からのご意見もお聞かせ願えれば幸いです。

今回は、残念な結果となりましたが、応援下さった皆様、本当にお世話になりありがとうございました。

スタッフのみんな、本当にお疲れ様でした。
馬鹿な事ばかり書きましたが、本当は泣きそうになってきたtaeneeです。
みんなと早く会いたいよ~~025.gif
[PR]
by kazokusaport | 2010-05-14 23:24 | お知らせ

taeneeの本棚・2

ゴールデンウィークも終わり、初夏にふさわしい陽気が続いています。黄砂には悩まされますが、新緑の薄緑色の山々を眺めると、近年見え辛くなってきている目も心も癒されます。

さて、勝手に書き散らしている感がぬぐえない、taeneeの読書感想文第2弾にもよかったらお付き合い下さい。

かねてより福井先生が、ミニ講座やサポート会の時に話題にされる゛森田ゆり”さんの本を読みました。

「しつけと体罰」森田ゆり:著 童話館出版

題名の重々しさに、かなり覚悟を決めて読み始めたのですが、副題に「子どもの内なる力を育てる道すじ」とあるように、自立のためのしつけの話や、子どもとの良い関係をつくる方法、体罰に代わるしつけの方法…などわかりやすく、なおかつ親の側にたった考えに基づいた優しい語り口に、正直意表をつかれました。
もちろん、『体罰はいかなる理由があれど許されない。』という強いメッセージが根底に流れているのですが、大元にあるものは、『人はあるがままで、すでに尊い』という自尊の上に成り立つエンパワメント(生きる力)の重要性。
外的コントロールを排除し、内的コントロールを育てる子育ての大切さをあらためて感じました。

そして、個人的には、「体罰と戦争」の章も深く考えさせられました。
これは、今起きている普天間移設問題にもつながる、日本人がちゃんと向き合わなければいけない課題だと思えてなりません。

話が少しそれましたが、森田ゆりさんの本、虐待にのみならず、子育て全般に役立つ本として、我が家の本棚に加えたいと思います。
図書館にもあります。
よかったら読んでみて下さい。


ところで、福山市のキーワードモデル事業。
プレゼンの結果はゴールデンウィーク明け…との事でしたが、いまだ通知は来ません。
来週あたりかな〜と勝手に決めてますが、しかし、待つ…というのは、しんどい作業ですな。
まっ、といっても普段は忘れてるんですけどね。
きっと受かってるよね。そうよね。信じたい・・・。
(だんだん発表を待つまな板の上の受験生になってきてる~。)
[PR]
by kazokusaport | 2010-05-08 12:24 | 読書感想文

~サポートの会あれこれ~


by kazokusaport