家族サポートの会・福山

saportkai.exblog.jp
ブログトップ

<   2010年 04月 ( 6 )   > この月の画像一覧

~5月~

家族サポートの会・駅家 近田公民館
・1日(土) 19:30~21:00
・20日(木) 10:30~12:00

家族サポートの会・神辺 神辺公民館
・7日(金) 19:30~21:00
・15日(土) 10:30~12:00

家族サポートの会・御幸 御幸公民館
・8日(土) 10:30~12:00・・・アドバイザーが欠席のためスタッフのみ待機。
・26日(水) 10:30~12:00

家族サポートの会・瀬戸 ~ほっとるーむ~ 瀬戸コミュニティセンター
・12日(水) 10:30~12:00
・22日(土) 10:30~12:00

家族サポートの会・春日 春日公民館
・14日(金) 10:30~12:00
・28日(金) 19:30~21:00

056.gif8日(土)の御幸は、アドバイザー欠席のため、スタッフのみの待機となります。専門的な相談にお答えすることは出来ませんが「ちょっとしんどいんよ・・・」「うちの子がこんなこといったんよ~どう思う?」などなど、お茶を飲みながらお話しませんか?是非お越しください!
[PR]
by kazokusaport | 2010-04-30 23:23 | 予定表

スタッフtaeneeの本棚

今日は、春らしい暖かい一日でした。黄砂なのか空が霞んでいて、雨ばかりの今年の春はあまり埃っぽさを感じない日々が多かったのですが、そういう意味でも今日は春らしい空でした。

さて、本日はスタッフtaeneeの、独断と偏見に満ちた本の紹介。
私は本好きで、毎日夜お布団の中で本を読むのが至福のひと時となっています。
いい本にめぐり合えると嬉しくて、つい誰かに紹介したくなる・・・というのが本好きな人の癖かもしれません。
自分のブログでも、たまに読後感想文を書いていますが、こちらでは、子育てや自分さがし、心の問題などを扱った本の紹介を主にしてみたいと思います。

先日、瀬戸コミュニティセンターでプレゼンの打ち合わせをやった時に、図書室で偶然見つけた2冊。

「知っていますか? アダルト・チルドレン 一問一答」(斎藤 学:監修  解放出版社)
と、
「『子どものために』という前に」(青木 悦:著 けやき出版)


アダルト・チルドレンの本は、以前福井先生に「taeneeさんはAC(アダルト・チルドレン)」と言われてから、2冊ほど読みましたが、結構学術的な難しい物を選んでしまったので、いつかちゃんと学びたいな・・・という思いを抱いたままなのですが、この本は、臨床心理士やケースワーカー、またAC当事者たちによるわかりやすいQ&A方式の読み物です。
ACの入門書・・・といっては語弊があるかもしれませんが、「ACってよく聞くけど、正確にはどんな人のことだろう?」という疑問には答えてくれる本だと思います。
とっかかりとしてはわかりやすい、平易な文章で読みやすかったです。


青木 悦さんという人のことは、一年くらい前、新聞にコラムを書かれているのを読んで、是非本を読んでみたいと思っていた方なのですが、そのことをすっかり忘れておりました。
なのに、コミュニティセンターの決して多いとはいえない蔵書の中に、“青木 悦”という名前を見つけ、本当にビックリしました。
図書館や本屋(主に図書館のことが多いですが、)で、本に呼ばれる・・・という経験がよくあります。
そういう時に出会った本は、出会うべくして出会った・・・というか、その時の心象風景にぴったりな事が多々あり、私はこういう本との出会いを大切にしているのですが、この本もまさしくそれ。

雑誌の記者を経て、現在フリーの教育ジャーナリストである青木さん。
ご本人も過酷な子ども時代をおくられています。

子どもがトラブルを起こした時から「親」が始まるのだと私は思います。今ほど子どもが生きにくい世の中はないのです。その時代に子どもと生きる親が苦しいのは当然です。
特に母親は、子どもを自分の通信簿のように思いこまされている人が多いのでがんばりすぎてしまいます。

(本文より)

自分たちが生きている、この現代という世界を、客観的に見たり考えたりすることはとても難しいことですが、同時に自分という生き物を理解する上で必要なことなのかもしれません。
自分という人間そのものに自信が持てないのに、子どもを育てるというある意味無謀な事をしている自分。
そんな自分に嫌気がさし、ついつい子どもにあたってしまう自分。
どうしたらいいんだろう・・・?と頭を抱える自分。
そんな自分もこんな自分も自分自身なんだな~とこの本を読んで感じました。
本のタイトル通り、子どものためにこうしましょう、ああしましょう・・・という本ではなく、母親自身の考え方の持ちようというか、福井先生がいつもおっしゃる「健康的な親」のあり方が書かれているように、私は思いました。

もし、興味がおありでしたら読んでみて下さい。
両方とも図書館においてあります。(検索済みです。)
また、瀬戸コミュニティセンターでも貸し出して下さいます。
・・・が、私の手元にまだありますので、瀬戸コミュニティで借りたい方は、いましばらくお待ち下さい。
なるべく早めに返却します。023.gif

プレゼンが終わり、何だかスッキリした私。
本年度はこれからだというのに、もう終わった気になっています。(なんか~余裕~~。)
しばらく引きこもるつもりでいましたが、なぜかそんなに疲れていない事に気付きました。
読みたい本もマンガも見たい映画も一杯あるので、ゴールデンウィークは、自分の楽しみに没頭してみたい!!と密かに計略をはかっています。

プレゼンの結果はそのゴールデンウィーク明け。

余裕かましていられるのは、きっと合格してるからよね~~~。003.gif
[PR]
by kazokusaport | 2010-04-28 16:12 | 読書感想文
本日(4月25日・日曜日)10:00~福山市役所3階大会議室において、協働のまちづくり・キーワードモデル事業の審査会、公開プレゼンテーションが行なわれました。

私たちも発表してきました。

ドキドキ~でしたあ~~008.gif

先日このブログにスタッフのえび子さんが書いていたように、パソコンのパワーポイントというソフトを使ってのプレゼン。
何だか、営業職のOLちゃんみたいで、どうせなら、ミニのスーツ着て行けばよかったかしら・・・などと、ふと思ったりしましたが、実際は、足ガクガク、膝ブルブル、心臓口から半分のぞいてる~状態だった私たち。
ミニなんかはいてたら、まともに歩けず、すっころんでたかも・・・な有様でした。

c0219880_1703789.jpg


お偉い審査員の方が最前列に居並び、その後には、他の団体の方々が座っておられます。

挨拶・原稿の読み上げや質疑応答は、全てえび子さんがやってくれました。
なので、ただ聞いてるだけの私の緊張と、えび子さんの緊張は比べ物にならないと思います。

えび子ちゃん、ほんとに、ほんとにお疲れ様でした。
原稿作りから、パワーポイント作り、そして本日のプレゼン本番・・・と、毎日忙しい中大変だったろうと思います。
しばらくゆっくり休んで下さい。


結果は、いつ来るのか?定かではありませんが、取り合えず、本年度の大きな山はひとつ越えた気がします。
昨年と違い、子育てや福祉関連の団体の応募が少ないように思えました。
ほとんどが町おこし関連の事業をやっている団体。
しかも、私たちは、午後のプレゼンは見ていません。(家族が待っていますしね006.gif
なので、比べようがないのですが、しかし、自分たちで言うのもなんですが、
「私たち頑張ったよ~!いい線いってるよね~!!」
・・・と、最後は自画自賛しながら帰ってきました。


普通のお母さんたちである私たちが、それぞれの知恵を出し合い、話し合いを重ね、時には迷いながら、「家族サポートの会」という“お母さんの駆け込み寺”を運営しています。

キーワードモデル事業に採択されてもされなくても、この会は続いていきます。
これからも、迷いながら、みなさんに助けてもらいながら、そして何より自分たち自身が癒されながら成長していく・・・。
この事に変わりはないでしょう。

・・・がしかし、、、どうか、採択されますように!!!

以上、本日のプレゼン報告でした。
[PR]
by kazokusaport | 2010-04-25 17:41 | 日記
こんばんは。 スタッフのえび子です。

今年度も、福山市のキーワードモデル事業の補助を受けるため申請しました。

無事、一次審査を通過し、大の苦手のプレゼンが迫って来ました。

去年は、スタッフみんなでポスターの裏にクレヨン片手に、伝えたいことを書きました。
今年は、頑張って(←うちの長男が・・・)プレゼン資料をパワーポイントでまとめてくれたので、パソコン抱えてプレゼン会場に乗り込みます066.gif

で、今日は、仕事が終わってから予行演習のため瀬戸コミュニティへ行ってきました~

しか~し、プロジェクタの電源が分からない・・・・繋げたパソコンの電源が入らない・・・・文章と画面がちぐはぐ・・・・改行がおかしい・・・・誤字がある・・・・

う~ん、先が思いやられます008.gif

なんとか、誤字脱字は修正しましたが(←私が066.gif)、もう予行演習する日が無いのです007.gif
ぶっつけ本番を覚悟しなければならないみたい・・・

えび子は、極度の赤面症&あがり症で、毎回、原稿読んでて息継ぎを忘れて気を失いそうになります014.gif
いつもいつも逃げ出したくなる気持ちでいっぱいになるけど、腹をくくるのは何だか快感で、終わった後は「よく頑張ったぞ!えび子」と自己陶酔に浸ってしまいます012.gif

でもでも、やり終えるまでは心臓が痛くなるくらい緊張してて辛いんです・・・
大勢の人前でも、ど~んと構えていられる人が羨ましいです。
体格だけは、ど~~~~~~ん!としてるんですがね003.gif

そんなこんなのプレゼンは、25日(日)10時から市役所の大会議室であります。
物好きな方は見に来てください056.gif
[PR]
by kazokusaport | 2010-04-21 21:38
スタッフのtaeneeです。
久かたぶりにブログを書かせていただきます。

ちょっと落ち込んでたり(図々しく生きてるつもりの私めもへこむ事あるんです〜。)、春休みになったり…してる間に、アッという間に桜も散ってしまいました。
ハラハラと散る桜色の花吹雪を見るにつけ、世のはかなさに思い沈む心根はいかんともしがたく、ただただため息が洩れる今日この頃。
木の芽時節とはよく言ったものよ…と、えらく年寄りじみた事を思うのは、本当に歳とってしまったからかしら〜(涙)


私的(決して詞的でもシュテキでもなく…)なつぶやきはこれくらいにして…。
家族サポートの会は、2009年度の行事予定を無事全て終えました。
福井先生をはじめ、自由館のスタッフ、福山市の関係機関の方々、またいろんな形で当会を支えて下さった多くの皆様、一年間ありがとうございました。
そして、スタッフのみんな…わたしら、なかなかグーッじゃったね!


現在、2010年度に向け、昨年度同様、福山市の協働のまちづくりキーワードモデル事業の補助金申請中です。
書類審査後(ただ今結果待ち状態)きたる25日のプレゼンテーションを経て、晴れて合格通知が届くまで、またまたドキドキな日々となります。

補助金の申請をするにあたり、今年度の事業計画が必要だったのですが、とにかくこの会の事を知って貰う事が最優先だった昨年度よりも、更に発展させた事業とするにはどうしたらよいか…私達は何度もスタッフ会議を開いて話し合いました。
「発達障害や虐待の学習会をやりたい。」
「講演会も開きたいよね。」
「サポート会を増やす要望もあるよ。」
様々な意見が出ました。
と同時に、今の私達で大丈夫なのか?という漠然とした不安感も襲ってきたのです。

右も左もわからず、とにかく当事者である母親の立場のまま、昨年度の一年間を危なげな足どりで過ごしてきました。
これから先の道のりも、見通しが明るいのか暗いのかさえ定かでないのかも知れません。

しかしただひとつ確かな事は、みんなこの「家族サポートの会」を必要とし、また、同じように苦しんでいるお母さん達に独りではない事を伝えたい…と願っているという事。
そして何より心許せる仲間がいる嬉しさ。

大変個人的で申し訳ありませんが、私にとってこの会は、そういった側面も持ちます。

これからの一年間、少し不安は付きまといますが、素敵な仲間と一緒に楽しく活動していきたい…と願っています。

このブログを読んで下さっている皆様は、サポート会に何を望まれますか?
是非ご意見をお聞かせ下さい。


さて、ドキドキのプレゼンまで後少し。
次回は、無事当選のお知らせができるよう、皆さん祈ってて下さいね!!
[PR]
by kazokusaport | 2010-04-14 00:09 | 日記
~4月~

家族サポートの会・神辺 神辺公民館
・2日(金) 19:30~21:00
・17日(土) 10:30~12:00

家族サポートの会・駅家 近田公民館
・3日(土) 19:30~21:00
・15日(木) 10:30~12:00

家族サポートの会・春日 春日公民館
・9日(金) 10:30~12:00
・23日(金) 19:30~21:00

家族サポートの会・御幸 御幸公民館
・10日(金) 10:30~12:00
・28日(水) 10:30~12:00

家族サポートの会・瀬戸 ~ほっとるーむ~ 瀬戸コミュニティセンター
・14日(水) 10:30~12:00
・24日(土) 10:30~12:00
[PR]
by kazokusaport | 2010-04-03 09:10 | 予定表

~サポートの会あれこれ~


by kazokusaport